日本屈指の高波動クリエイターが潜在意識にコネクトする強力なメソッドをついに解放!!
本当に生きたかった人生を創造する無料講座+6つの特別無料動画
  • 動画1 本当にやりたいことをやり遂げてしまう無意識波動のパワー
  • 動画2 夢やゴールをかなえてくれる高波動とは?
  • 動画3 潜在意識にコネクトして「苦痛」を遠ざけ「快感」に
  • 動画4 『素領域』で「なりたい自分を望む」だけで現実化に向かう
  • 動画5 誰でも新しい自分になれて『非凡』になれる
  • 動画6 自己イメージを書き換えて「自由の向こう側へ」行こう
以下より、お名前とメールアドレスをご登録ください

現状を維持する生き方を破壊し、
自分が自分の生きる場所を、創造していく世界に飛び出して、
新たな人生のスタートをきり続ける男

市場占有率60%。ほとんど寡占状態、
今も業界No.1の上場企業で安定収入を
維持していたサラーマンを突如として退職
し、
これまで自分以外の他の誰かによって
敷かれたレールから外れた三十路男性の視界には、
何の制限もない「自由の向こう側」へ続く世界が広がっていた。

彼は、14歳の時に稲光のするある夜
「自分は将来必ず世界に通用する画家になる」という直感を得ました。
それから18年後、彼が描いた処女作はパリで展示され、
多くの人が一度は目にしたり耳にしたことのある
世界的な女流ピアニストの肖像画を描いたり、
若くして映画の原作主人公にもなるような
世界レベルの大富豪の邸宅に作品が飾られるなど、
今では全国の公立美術館にも図録が所蔵されています。

お気づきかもしれませんが、
この非凡な人生を歩んでいた彼こそ12年前までの私、過去の小林大三の姿です。

あなたが
「本当に味わいたかった人生」を創造するためには
「潜在意識にコネクト」するしかない。

さて、37歳になった私は
「描いた絵に心の病を癒す力がある」ということに気づきました。

私の個展に来てくれた公立美大を卒業して国の公的機関に就職したものの、
制作時間をとれない毎日のストレスで重いうつ病を患って退職した女性から、
1通の手紙が届きます。

そこには「絵を見ていたら、もう抗うつ剤を飲みたくなくなった」と、
書かれてあったのですが、

その訳を知りたくなった私は臨床心理学や脳生理学を勉強して、
その知識を基にした個人向けのヒーリングセッションを始め、
日本全国、海外からも依頼を受けるようになりました。

その後、気功セミナーや養成講座、ヒーリングDVD/CD制作を行い、
気がつくと300人を超えるコミュニティーが出来上がりました。
以来、絵も売れるようになり、現在に至ります。

描いた絵はそれまで2枚しか売れず絶望の毎日から2年弱で、
私は新しい人生をスタートさせました。

全て独学で、才能なし。私は未来のビジョンだけを見てやっています。

それでも収入も仕事も時間も遊びも人間関係も、心から望む人生を創り出し続けています。

もし、あなたが私と同じように
他人のものさしで作られた人生を歩んで自分を失っても、
私と同じように絶望の人生になってしまっても、
「0からプラスへ持って行く」ことはできます。

潜在意識の世界にはそれ以上の「可能性」が溢れています。

今の延長線上に、理想の未来はありますか?
無いなら、人生の「制限を解除」して
ともに人生を創造するエネルギーを手に入れて下さい

もし、あなたが12年前の私のように「理想の未来が描けない」のであれば、

義務や社会評価のために、「正しく生きる」「失敗しない」という考えも、
責任や役割といった縛りや、誰かから共感される動機から起こるものも、
結果や成果を意識しすぎる仕事モード、単なる恋愛ゲームなど、
マンネリ化した人間関係にふりまわされる苦痛も、
何かに遠慮したり、理由をつけて制限して、
自分が求めることに純粋で正直であることからずれた生活も、

一度、かりものの人生を捨てて、

何も縛られず魂の深いところから喜びを感じ、
子どものように自由に生きることを許可して、
心地よい環境で心地よい人と仕事をして、多くの人に求められながら、

自分自身が輝くこと、心の底から喜びを感じることを思い出して、

子供のようにただ純粋に求める人生を創造する方法を学びませんか?

誰の人生にも、想像をはるかに超えて行く非凡性がある

今となっては恥ずかしい過去ですが、
私は「天才」と呼ばれる芸術家にずっとあこがれ続けていました。
「天才でなければ、美術作家として生きる意味がない」
と自分に言い聞かせながら、作品が売れないことに絶望していたのです。

しかし、今の私は芸術に限らず
「誰でも非凡な才能に満ちている」と思っています。

30歳の頃から「レールに沿った人生はつまらない」と本気で考え、
維持する人生を破壊し、自分で豊かになるルールを創りあげ、
オリジナルの高波動エネルギーを開発し、
何千人もの人生を進化に導き、世界レベルで活躍する本物の仲間に出会いました。

その積み重ねの結果が20年間、
ずっと誰とも比較しようのない非凡な人生になったんだと思っています。

未来、私が80年生き続けたとして、死ぬまで世界中を飛び回り、
100億人に影響を与え、遊び心と冒険心に満ちた子供のような気楽さで、
純粋なワクワクを制限なくチャレンジして過ごして行くかもしれません。

日本で一生、不自由に対する自由を求めて生きる人生を捨て、
ゼロから自分を見直し、過去の生き方で繋がった扉を完全に閉めて、
本当に味わいたかった「自由の向こう側」にある人生を取り戻しました。

あなたにも「本当に味わいたかった人生」を創造する非凡性は必ずあります。

その非凡性を私と一緒に見つけていきましょう。

申し込み先でお待ちしています。

小林大三

  • 動画1 本当にやりたいことをやり遂げてしまう無意識波動のパワー
  • 動画2 夢やゴールをかなえてくれる高波動とは?
  • 動画3 潜在意識にコネクトして「苦痛」を遠ざけ「快感」に
  • 動画4 『素領域』で「なりたい自分を望む」だけで現実化に向かう
  • 動画5 誰でも新しい自分になれて『非凡』になれる
  • 動画6 自己イメージを書き換えて「自由の向こう側へ」行こう
以下より、お名前とメールアドレスをご登録ください

P.S.

「本当に手に入れたかった人生」は、あなたの外に・・・

私は元々、特別な才能を持って生まれたわけではありません。
学校の勉強は嫌い。やる気なし
絵を上手に描けない。学歴なし
幼い頃、病弱で死にかけた。
昔重い肺炎を患って「あと48時間が山です」と宣告されたことすらあります。

私は本当に凡人だと思います。

天才でないことに絶望しました。
それでも私は、才能が経験で磨かれるモノと知って非凡な人生を歩んできました。

「このまま日本だけで一生を終えたくない」という気持ち。
「世界中の人たちが共感してくれる新しい価値を産み出したい」という情熱。
「まわりの人を豊かにしながら、仲間と一緒に心から幸せな人生を送りたい」という想い。

私は、自分以外の誰からも何からも支配されない制限されることもない状態。
自由の向こう側へ行くと決めただけです。
たとえそれが常識外れだと言われても(笑)

もしあなたが、今そうなっていないのであれば、
「自分に課した制限を外す」だけで、実は
「自分にとっての本当の幸せや自由な人生」が、今思っている全ての幸せや、自分らしさや、
自由や平和のイメージの外側にあるのかもしれません。

「仕方がないこと」
というものがこの世にはある、という大前提を書き換えて、
「制限の外側」に踏み出してみてください。

コーチプロフィール

天路Tenro0ゼロ療法ラボ代表/
超0ゼロ療術協会会長/天路くらぶ主催/画家
小林 大三

小林 大三Daizo Kobayashi

天路Tenro0ゼロ療法ラボ代表
超0ゼロ療術協会会長
天路くらぶ主催
画家

建設業界の上場企業でサラリーマン生活を送る中、赴任した秋田の大自然に触れたことがきっかけで、原風景の記憶が蘇り、そこで覚醒(無)の体験を得たのち退職。

『無の境地』によって、震災後の神戸に赴く。「破壊と創造」をテーマに美術作家の道を歩み、故郷「広島の画家」のメンバーにパブリッククレジットされる。同時にメンタルセラピストとして心身の相談を受ける中、芸術に癒しの根源を確信。

心理療法家として独立後、コミュニティ「天路くらぶ」を発足し、4年目で300人を超える。現在は、物心ともに【自由(フリーダム)】を実現しながら、量子医術の開発と現代物理学を超える生命の統一理論を民間レベルで共同研究。

国内では、IT関連上場企業を通じてエグゼクティブコーチに選任され、次世代リーダーの意識教育を行いつつ、国内外を飛び回りながら洋の東西を超える新しい文明社会を切り開くための礎を築いている。

高密度なエネルギー場を自在に創出して、非言語のコミュニケーションレベルにおいて互いの世界観をイメージ的に共有するのが得意で、時間・空間を超えて未来の記憶を作り上げるバーチャルリアリティビジネスを開拓。

【超0ゼロ】意識次元のコンセプトは、多くの人が新しい調和のとれた世界を引っ張っていく統合エネルギーを共有することで、世の中に貢献するための活動をはじめる意識生成の場である。また、『超0療術養成コース』や『エネルギーDVD・CD』から意識レベルを上げていく方法を学んだコミュニティメンバーやクライアントには自分磨きやビジネスで思い通りの結果を出し人生を変えた人も多い。

  • エグゼクティブコーチの広告サイトページ(上段左)
  • 東大医学部phD(博士)で元国立生物学研究所の研究者から依頼を受けた論文出版打ち合わせ時の対談写真(上段中央)
  • 小林が描いた肖像画オーナーの国際的ピアニスト フジコヘミング氏と(上段右)
  • 小林の処女作がフランスに渡った際に送られたフランス文化省のサイン入り証明書と、その絵画(下段左右)